キャリア依存から脱却し、Amazonという超巨大プレイヤーがいる中で業績を伸ばしてきたパピレスの事業を紐解く!

電子書籍サービスの老舗「パピレス」についてまとめます。

パピレスは、1995年に富士通株式会社のベンチャー制度を活用して活用された純国産ベンチャーです。

株式会社フジオンラインシステムとして設立され、パソコン通信上で「電子書店パピレス」を開始。

1996年にはインターネットサイト「電子書店パピレス」も開始しています。

2007年には電子コミックレンタルサイト「Renta!」を開始。


Amazon一強になりそうな雰囲気も感じずにはおれない電子書籍分野ですが、パピレスの業績は成長を続けています。

売上高は141億円に達し、営業利益率も二桁台と順調に業績を伸ばしています。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン