売上3.6兆円、営業利益率40%近くに達する”下請け”半導体メーカー「TSMC」その繁栄の背景とは

今回取り上げるのは、世界最大の半導体ファウンドリメーカーである「TSMC(Taiwan Semiconductor Manufacturing Co:台湾半導体製造会社)」です。


ファウンドリとは、半導体産業において実際に半導体チップを生産する工場のこと。

クアルコムやアップル、ARMなどのファブレス(工場を持たない)企業から発注を受け、実際に半導体チップを生産する業態となっています。


TSMCの業績推移をみると、ものすごい成長を遂げていることがわかります。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン