マクドナルドと吉野屋の近くにあえて出店!中華チェーン『日高屋』でおなじみの「ハイデイ日高」

今回は中華飲食チェーン『日高屋』などを展開している「ハイデイ日高」(証券コード:7611)についてまとめていきます。

ハイデイ日高という社名ですが、創業者である神田正氏の出身地埼玉県日高市が由来です。

日(デイ)高(ハイ)という地名を直訳しており、さらには「ラーメンを食べて、ハイな1日(デイ)を」という意味も込められてハイデイの順番になっています。

神田氏は中学校を卒業後、本田技研工業株式会社などに勤めたのちにラーメン屋で働きます。

1973年にオーナーから店の経営を任されたこともあり、埼玉県大宮市(現:さいたま市)内に約10畳のラーメン店『来来軒』をオープンしました。

出前や深夜営業などに力を入れ、1975年に2号店を開店。

サラリーマンは昼食を外で食べることが多いことに気づき、ファミレス同様にラーメン店も多店舗展開しようと考えます。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン

関連記事

過去最高の売上高816億円を達成した「王将フードサービス」2019年3月期本決算

過去最高の売上高816億円を達成した「王将フードサービス」2019年3月期本決算

「餃子の王将」を展開する「王将フードサービス」(証券コード:9936)の2019年3月期本決算を発表しました。

一風堂はバーから生まれた!? 海外売上が国内売上の半分以上!「力の源ホールディングス」

一風堂はバーから生まれた!? 海外売上が国内売上の半分以上!「力の源ホールディングス」

注目企業

ラーメンに目がない読者の方も多いかと思います。

今回は一風堂でお馴染みの「力の源ホールディングス」(証券番号:3561)について取り上げます。

王将VS日高屋VS幸楽苑 もっとも利益率が高いのはどこだ?

王将VS日高屋VS幸楽苑 もっとも利益率が高いのはどこだ?

注目企業

今回は有名中華料理チェーンである「餃子の王将」「日高屋」「幸楽苑」の三つを比較して、どこが一番利益率が高いのか?を見ていこうと思います。

王将は近畿、日高屋と幸楽苑は関東まず各社の特徴です。「餃子の王将」は王将フードサービスが運営しており、主に近畿地域を中心に全国展開しています。「日高屋」はハイデイ日高が運営しており、出店地域は関東のみ。「幸楽苑」は幸楽苑ホールディングスが運営しており、関東を中心に全国展開しています。