学生生活ではAmazon以上に必須!アメリカで急速に拡大する大学生向けオンライン教育サービス「Chegg」

今回はアメリカで大学生向けのオンライン教育サービスを提供する「Chegg」(ティッカーシンボル:CHGG)について取り上げます。

Chegg 公式HP

Josh Carlson、Mike Seager、Mark Fiddelkeの3人は、2001年からアイオワ州立大学の学生に向けた求人広告サイト「Cheggpost.com」を運営していました。

その後、アイオワ州立大学の生徒でCheggpost.comの熱狂的なユーザーだったRashid氏がCheggpost.comにCEOとして参画。

2006年、Rashid氏によって正式に現在のCheggが創業されました。

Cheggの名前の由来は「chicken and egg」とのこと。

当時CEOだったRashid氏は、NetflixのオンラインDVDレンタル事業を参考にし、大学生向けに教科書レンタル・販売事業「textbookflix.com」を開始。

名前までNetflixに似せています。


2010年には教科書のレンタル数が200万を突破。

そして2013年11月にニューヨーク証券取引所に株式を上場しました。

Cheggが大学生にとってどのような存在なのかは、あるアンケート結果からわかります。

投資家向け説明資料

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン