学生生活ではAmazon以上に必須!アメリカで急速に拡大する大学生向けオンライン教育サービス「Chegg」

今回はアメリカで大学生向けのオンライン教育サービスを提供する「Chegg」(ティッカーシンボル:CHGG)について取り上げます。

Chegg 公式HP

Josh Carlson、Mike Seager、Mark Fiddelkeの3人は、2001年からアイオワ州立大学の学生に向けた求人広告サイト「Cheggpost.com」を運営していました。

その後、アイオワ州立大学の生徒でCheggpost.comの熱狂的なユーザーだったRashid氏がCheggpost.comにCEOとして参画。

2006年、Rashid氏によって正式に現在のCheggが創業されました。

Cheggの名前の由来は「chicken and egg」とのこと。

当時CEOだったRashid氏は、NetflixのオンラインDVDレンタル事業を参考にし、大学生向けに教科書レンタル・販売事業「textbookflix.com」を開始。

名前までNetflixに似せています。


2010年には教科書のレンタル数が200万を突破。

そして2013年11月にニューヨーク証券取引所に株式を上場しました。

Cheggが大学生にとってどのような存在なのかは、あるアンケート結果からわかります。

投資家向け説明資料

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン

関連記事

東大現役合格、史上最高801名!映像×FCの教育大手「ナガセ」

東大現役合格、史上最高801名!映像×FCの教育大手「ナガセ」

ニュース図解

センター試験が廃止され、2020年度から新方式の入試制度が導入されることが決定したのは衝撃的でした。私立大学の合格者絞り込みなど、近年の受験業界を取りまく環境は大きく変わり続けています。

そのような環境変化の中で、史上最高の東大現役合格者数を達成した予備校があります。 今回はそんな受験業界の教育大手「東進」で有名な「ナガセ」(証券コード:9733)を取り上げます。

中国版東進ハイスクール!中国の教育テック「GSX TECHEDU」が上場申請

中国版東進ハイスクール!中国の教育テック「GSX TECHEDU」が上場申請

IPO

中国版の東進ハイスクール「GSX TECHEDU」がニューヨーク証券取引所に上場申請書を提出しました。

GSXはハーバード大学ビジネススクール出身の『Larry Xiangdong Chen』氏によって2014年に創業されました。

通期売上予想を上方修正!有料会員数が200万人を突破した「Chegg」2019年1Q決算

通期売上予想を上方修正!有料会員数が200万人を突破した「Chegg」2019年1Q決算

アメリカの大学生向けの教育サービスを展開する「Chegg」が2019年1Q決算を発表しました。