全国866の教育機関で利用!小中高生向けオンライン教育サービスを提供する「すららネット」

今回はeラーニングによる教育サービスを提供している「すららネット」について見ていきたいと思います。

代表取締役である湯野川孝彦氏は1960年生まれ、大阪大学基礎工学部卒です。

日本エルシーエーを経由したのちに、ベンチャー・リンクに入社。

ベンチャー・リンク(現:C&I ホールディングス)ではフランチャイズ立ち上げ専門員として、『牛角』『銀のさら』『タリーズ』など数多くの案件に携わりました。

2004年に教育事業に参入して、個人指導のフランチャイズ支援を開始。

当初は個別指導チェーンの分析ではなく、実際に経営してみようとフランチャイズに加盟して1校舎をゼロから立ち上げました。

1年半で生徒数は180人ほどになり、全国で400校あるうちの2位か3位ぐらいまでに成長させます。

生徒数を増やすことはできたのですが、生徒の成績はイマイチ上がりませんでした。

eラーニングによる教育の始まり

個人指導の業態には問題があることに気づき、解決する手段としてeラーニングのプロジェクトを2005年にスタートします。

対話型アニメーション教材『すらら』の一部が出来上がったので実際に検証することにし、2007年にeラーニングだけの塾を東京駅と駒澤大学駅の近くで開校。

学力の低い生徒ばかり来ましたが、「学校の授業とか塾とかぜんぜんわからないけど、すららだったらわかる」と言っていたそうです。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン