2017年10月に開始した値上げの影響は?焼き鳥チェーン「鳥貴族」の2018年7月期決算まとめ

鳥貴族といえば「全品均一価格」で食べられる最高の焼き鳥チェーンです。

ところが2017年10月、「280円均一」から値上げして「298円均一」になりました。

価格改定に関するお知らせ

値上げの理由としては、「原材料」「人件費」などコストが高騰していることを挙げています。

飲食業界は人手不足が大きな問題ですし、鳥貴族は「全食材国産化」をウリにしていますから、値上げせざるをえなかったというのは理解できます。


しかし、その後のニュースでは「客離れが進んで深刻な経営不振」だとか、「想定以上の不振で業績下方修正」というニュースが目立ちます。

ところが、蓋を開けてみれば売上は340億円、営業利益16.8億円で前年から15%強の増収増益。

当初の業績予想からは下回っているようですが、そこまで悪い結果のようには見えません。


今回のエントリでは、298円均一への値上げが業績にどんな影響をもたらしたのか、公開された情報をもとに整理してみたいと思います。


2005年の東京進出から店舗拡大を加速

まずはこれまでの鳥貴族について、ザーッとおさらいしましょう。

創業は1985年、大阪の近鉄俊徳道駅前に『鳥貴族』の最初の店舗をスタートしました。

翌年から法人化すると、1991年には加盟店1号店をオープン。

1995年には他の居酒屋業態をやめて、『鳥貴族』ブランドに一本化し、1998年に10店舗を達成。

2005年にはじめて東京に進出すると、2008年には100店舗を達成し、2011年には200店舗、2012年には300店舗と加速度的に店舗を増やしています。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン