松岡修造氏の曽祖父で阪急電鉄を作った「小林一三」が創業!不動産事業も展開する「東宝」

今回は映画・不動産事業を展開する「東宝」についてまとめてみたいと思います。

天才アイデアマン『小林一三』

「東宝」の創業者は、阪急電鉄の創業者としても知られる伝説的な起業家、小林一三です。

小林一三は、元テニスプレーヤーとして有名な松岡修造氏の父方の曽祖父であることも知られています。

阪急電鉄の創業者・小林一三

1873年に現在の山梨県に生まれた一三は慶應大学を卒業後、三井銀行に入行。

34歳まで銀行勤めのサラリーマンとしてのキャリアを歩みますが、1907年に退職。

大阪支店での上司だった岩下清周の誘いにより、新しい証券会社の支配人となるために大阪に戻りますが、経済状況が悪化したために頓挫して失業。

しかし一三は、新しい鉄道会社「箕面有馬電気鉄道」の話を聞くと「鉄道会社は有望」ということで岩下を説得。

名前を「箕面有馬電気軌道」に改めて会社を設立。これが現在の阪急電鉄です。

ちなみに、電車の「中吊り広告」を考えたのも小林一三。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン

関連記事

営業利益率が2期ぶりに改善 「三越伊勢丹HD」2019年 本決算

営業利益率が2期ぶりに改善 「三越伊勢丹HD」2019年 本決算

注目企業

三越伊勢丹ホールディングス(証券コード : 3099)が2019年本決算を発表しました。