収益構成をひも解くことでわかる!Salesforceの増収が加速している理由とは

SaaSのリーディングカンパニー「Salesforce.com」の2Q決算が出たので、チェックしていきたいと思います。

Salesforce Financial Update

左下のキャラクターは「Astro(アストロ)」というSalesforceの案内役だそうです。

アインシュタインや熊、ヤギもいます

まずは全体像を確認していきましょう。

2Qの売上高は32.8億ドルと、きれいな右肩上がりを続けています。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン

関連記事

キレイな売上成長を続ける「セールスフォース」の事業数値をカテゴリごとにビジュアライズ

今回は、アメリカのインターネット企業「セールスフォース」の2019/1期Q1決算が発表されたので、売上データについてまとめてみたいと思います。

Salesforce出身の二人が創業!クラウド戦国時代の中で「入り口」を押さえるID管理SaaS「Okta」

今回は、アメリカのSaaS企業「Okta」についてまとめます。

Oktaは、「シングル・サイン・オン(SSO)」や「多要素認証(MFA)」など、企業向けに認証システムをクラウドベースで提供しています。

ミュールソフトを65億ドルで買収!CRM世界トップに君臨する「セールスフォース」の事業戦略に迫る

SaaS(Softweare as a Service)の先駆者であり代表的企業であるセールスフォースは1999年の創立。

従来のデスクトップCRMソフトウェアをクラウドベースとサブスクリプションモデルに置き換えるアイデアで業界をリードし、CRMで世界トップシェアを握っている。