営業損失率38%なのに3ヶ月で株価倍増の情報管理SaaS「Yext」何がそんなにすごいのか?

アメリカのSaaS企業「Yext」の株価がすごいことになっています。

ちょうど一年前くらいに上場してしばらく株価は横ばいでしたが、3ヶ月ほど前から上昇をはじめて一気に倍増し、時価総額は25億ドルに。

Twilioもそうですが、小型株(といっても数千億円企業)は上がり始めると速いですね。


Yextは、飲食店などを対象とした情報管理ツールをクラウドベースで提供する会社です。

参考:デニーズはじめ飲食店など147万顧客が利用!デジタル情報の一括管理SaaSを提供する「Yext」

たかが情報管理くらいで、何がそんなに投資家の期待を集めているのでしょうか?

まずは売上からチェックしていきましょう。

今四半期における売上は5,510万ドル。

決して大きな規模ではありませんが、前年比35%という高い成長率を残しています。

ただ、株価の上昇のわりにはそれほど高い成長率ではありません。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン

関連記事

SaaS提供で爆発的に成長!「日経」「Uber」も活用する「Elasticsearch」提供会社が新規上場

IPO

「Elastic」は全文検索エンジン『Elasticsearch』を提供している会社です。

全文検索とはブログの中からタイトルや本文に「猫」が含まれている記事を探すといったように、複数の文章から特定の単語が含まれているものを探すこと。

デニーズはじめ飲食店など147万顧客が利用!デジタル情報の一括管理SaaSを提供する「Yext」

Yextはアメリカ・ニューヨークに本社を置くテクノロジー企業で、デジタルナレッジを管理するプラットフォームを提供しています。

テジタルナレッジとは、インターネット上の店舗、イベント、メニュー、製品情報などの情報のこと。