WeChat Payの成長で「その他」売上が爆増!売上構成の変化で減益の「テンセント」2018年2Q決算まとめ

中国のインターネット企業「テンセント」の決算が発表されました。

まずは概況を把握したいので、売上の推移を確認します。

売上737億元で、日本円だと1兆1744億円ほどです。

とてつもない金額ではありますが、売上の増加率としては大きく鈍化しています。

前の四半期までは前年比1.5倍が当たり前だった中、今四半期では30%の増収にとどまっています。

まあ、それまでの成長率が異常だったと言うべきような気はしますが。。


市場からみて問題なのは、おそらく営業利益の方です。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン

関連記事

中国市場の75%以上を支配!巨大音楽サービス企業「Tencent Music」がIPO申請

IPO

中国最大の音楽サービス企業「Tencent Music Entertainment」がアメリカ証券取引委員会(SEC)に上場申請書類を提出しました(市場は未指定)。

【必見】創業わずか3年で中国3位に!テンセント経済圏で爆発成長するソーシャルEC「拼多多」がIPO

IPO

今回は、中国のEコマースサイトを展開する「拼多多(ピンドォドォ)」についてまとめたいと思います。

拼多多は2015年9月に設立された新しい企業ですが、唯品会(Vipshop)や蘇寧(Suning)などのプレイヤーを抜き去り、淘宝(Taobao)と京東(JD.com)に次ぐ中国第3位の規模にまで成長しています。

SNS有料課金数が1億4,700万!動画サービスの拡大が成長を牽引する「テンセント」2018年Q1決算

中国の巨大インターネット企業、テンセント・ホールディングスの2018年Q1決算についてまとめます。

まずは四半期売上の推移から。