コンサルタント大量採用で成長に備える「日本M&Aセンター」減収減益の理由

先日、「日本M&Aセンター」の2019年度1Q決算が発表されました。

日本M&Aセンターは、主に中小企業を対象として事業承継に関するM&Aを仲介する会社です。

昨年までは株価もうなぎのぼりで、時価総額は一時期5,000億円を超えました。


それでは、今回決算までの業績推移を見てみましょう。

2018/6期の売上高は59億6400万円、営業利益は25億8100万円となっています。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン

関連記事

Batonzユーザー数3.5倍 日本M&Aセンター2019年3月期本決算

Batonzユーザー数3.5倍 日本M&Aセンター2019年3月期本決算

Batonzのユーザー数が3.5倍の2.4万人になった日本M&Aセンター(証券コード:2727)の本決算について見ていきます。

営業利益率47%!経常利益目標を前倒しで達成した「日本M&Aセンター」2018年3月期決算まとめ

先ほど、日本M&Aセンターの決算を見ていて、なんだかすごいことになっているなと思ったので、整理してみたいと思います。


少子高齢化の影響はM&A市場にも?日本M&Aセンターが面白い

日本M&Aセンターは、中小企業のM&Aを支援する東証一部上場企業。