韓国のキャッシュレス決済比率89.1%!一体どのように決済比率を上げたのか

ニュース図解

今回は、韓国のキャッシュレス化が進んでいる理由についてまとめてみたいと思います。

Unsplashより、札束風の紙をぶちまける女性の写真

先日、インテリジェントウェイブという企業の記事を書きました。

インテリジェントウェイブは日本国内のカード会社向けのシステム開発会社ということで、キャッシュレス市場について少し調べました。

その際に知ったことなのですが、韓国のキャッシュレス決済比率が89.1%と、非常に高いことにとても驚きました。

キャシュレスビジョン 経済産業省)

韓国が89.1%とダントツで高いのに対して日本は18.4%と、70%もの開きがあることがわかります。

半分を超えているのは5位のオーストラリアまで。よく話題にのぼる通り、中国も60%と高いですね。


というわけで今回は、韓国のキャッシュレス化がなぜここまで進んでいるのかについて調べてみたいと思います。

調べてみると、そこには社会的・歴史的な背景がありました。


決済の歴史:物々交換からクレジットカード誕生まで

まずは決済の歴史をざっくりとおさらいしてみましょう。

① 物々交換の頃(〜紀元前7世紀)

人類の決済(というか、取引)は、物々交換から始まったとされています。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン

関連記事

さらに勢い増しているQR決済戦争!『LINE Pay』『PayPay』など14サービスまとめ

さらに勢い増しているQR決済戦争!『LINE Pay』『PayPay』など14サービスまとめ

ニュース図解

QRコード決済に参入する企業が着々と増えており、LINEはテンセントと提携するなどそれぞれの戦略が少しずつ見えてきています。