データセンター版Google!サーバーのログデータを収集し、検索可能な形で提供する「Splunk」

あらゆるマシンデータを取り込み、検索や分析、可視化を可能にする「Splunk」についてまとめます。

マシンデータとは、モバイル機器やサーバ、ネットワークなどあらゆる機械が生成するログデータのこと。

ホームページより

SplunkはMichael Baum氏、Rob Das氏、Erik Swan氏により、2003年にサンフランシスコで設立されました。

複数のログデータの中から、特定データを検索できるツールの提供を開始。

各企業のエンジニアは、必要なログデータを探すことに多くの時間をかけていたことから、導入は順調に増加していきました。

2012年にナスダック市場に上場。

2013年にはクラウド上でも使用できる「Splunk Cloud」を提供開始。


上場後は、事業領域の拡大に向けて積極的に企業買収に乗り出しており、セキュリティ・データ分析の領域を中心に5年間で8社も買収しています。

例を挙げます。

・2013年:モバイル端末のデータ分析を行う「Bugsense」、ネットワークトラフィックの収取・分析を提供している「Cloudmeter」の2社を買収

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン