「ファッションセンターしまむら」だけじゃない、しまむらの事業数値を追う!

今日は、女性向けを中心にファストファッションを手がける「しまむら」について調べたいと思います。


しまむらの歴史

まずは、しまむらの沿革を軽くさかのぼります。

1953年 埼玉県で営業していた島村呉服店を株式会社化
1957年 セルフサービスを導入、総合スーパーストアとなる
1961年 6店舗を展開し、本社集中管理制度を確立。セントラルバイイング制を採用し、チェーン化への基礎を作る
1975年 コンピュータを導入し、独自のシステム開発を開始
1976年 初めて埼玉県外となる群馬県への出店を開始
1978年 全社オンラインによるネットワークを構築し、埼玉・群馬・東京・千葉・栃木各県に出店
1981年 商品管理のデータベース化と単品管理の実施
1984年 川口市に総合物流機能を集約した商品センターを完成させ、 独自の納品検収システムを確立
1987年 全品バーコード化と伝票レスによる管理システムを完成稼動
1994年 営業収益1000億円
1997年 海外への店舗展開を目指し、台湾桃園市に思夢樂股分有限公司を設立
1999年 営業収益2000億円を突破

1953年に株式会社化してから、独自のシステムを構築することで事業拡大に成功したことがわかります。

しまむらの事業

次に、しまむらの事業内容についてチェックしてみましょう。

中核事業はもちろん「ファッションセンター しまむら」における衣料品事業ですが、それ以外に6つの業態を展開しています。

カジュアルシューズ「アヴェイル

アヴェイルでは、玉木ティナや藤田ニコルなど、若い女性に人気のタレントを起用しています。


ベビー・幼児向け用品「バースデイ

雑貨・ファッション「シャンブル

靴用品「ディバロ

台湾版しまむら「思夢樂

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン