中国での売上830億円!アジアを中心とする海外展開に成功したベビー用品メーカー「ユニ・チャーム」

今回は日本を代表するベビー用品メーカー「ユニ・チャーム」についてまとめます。

創業者の高原慶一朗氏は1931年生まれで、愛媛県川之江市(現四国中央市)出身。

大阪市立大学を卒業後、1961年に愛媛で大成化工(株)を設立し、最初は木毛セメント板という建材の一種を作る会社としてスタート。

その後、アメリカ視察に訪れた高原氏は、大型スーパーマーケットで生理用品が堂々と山積みされている光景を目の当たりにし、1963年から生理用ナプキンの製造販売に乗り出します。

これがヒットして主力商品となり、生理用品メーカーとして広く知られるようになっていきました。

1974年には「ユニ・チャーム(株)」へ社名を変更し、名実ともに生理用品メーカーとしての地位を確立します。

創業20年目の1981年、ベビー用オムツ『ムーニー』を世に送り出し、ベビーケア事業を開始。

技術力を活かして優れた吸収力を実現し、たくさんのパパとママに愛される商品となりました。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン

関連記事

業績が急回復!「リカちゃん」「黒ひげ危機一髪」などを有する国民的玩具メーカー「タカラトミー」

今回は子供のおもちゃで有名な「タカラトミー」についてまとめたいと思います。

これまで「リカちゃん」「トミカ」「黒ひげ危機一発」など数々の国民的人気商品を開発してきました。

消費財メーカーとして営業利益率20%もあるP&Gの歴史と事業KPIの分析

今日は世界最大の消費財メーカーとして知られるP&Gについて調べたいと思います。

P&Gにはシャンプーで知られるパンテーン、芳香剤のファブリーズ、お子様向けのパンパース、柔軟剤のダウニー、髭剃りのジレットなど、数多くのブランドを傘下に抱えています。