日本人1,000万人が英語を話せるように!大きな目標を掲げ着実に事業展開を進める「レアジョブ」

今回は、スカイプを使った英会話サービスを手がける「レアジョブ」についてまとめてみたいと思います。

会社ホームページより)

創業者の加藤智久氏は1980年生まれ、千葉県出身。

10代の頃、加藤氏はマッキンゼー日本支社長を務めた大前研一氏の著書に出会って心酔。

大前氏主催の『一新塾』にも高校生として参加。


一橋大学に入学後も、1年半休学してベンチャー企業でインターンを経験するなど、早くから色々なチャレンジをしてきたようです。

2004年に大学を卒業したあとは、外資系戦略コンサルファーム「モニターグループ」に入社。

三年以内に企業すると決めており、高校時代の同級生で当時はNTTドコモの研究員をしていた中村岳(現レアジョブ社長)氏と深夜1時からミーティングを始めます。


中村氏が作ったシステムをもとに、2007年8月にプレサービスとしてウェブサイトを公開。

友人100人に告知すると、そのうち3名ほどが無料体験レッスンを受けてくれ、そのうち1人が実際にお金を払ってくれたそうです。

Googleにも広告を出稿したものの、お金を払ってくれる人はなかなか現れません。

結局、プレサービスでは8,000円しか売れなかったものの、会議中でも考えてしまうくらいにアイデアに夢中になっていることに気づき、2007年9月に会社を辞め、10月に(株)レアジョブを設立。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン

関連記事

法人売上は1.5倍!発表後の株価は1.7倍にまで上昇した「レアジョブ」2019年3月期本決算

法人売上は1.5倍!発表後の株価は1.7倍にまで上昇した「レアジョブ」2019年3月期本決算

マンツーマンオンライン英会話「レアジョブ英会話」を手がける「レアジョブ」(証券コード:6096)の2019年3月期本決算が発表されました。

未成年人口の増加と厳しい学歴社会を背景に急成長!中国の教育テクノロジー企業「TAL Education Group」

今回は、中国の教育テクノロジー企業「TAL Education」について調べてみたいと思います。

「TAL」という名前は「Tomorrow Advancing Life」の頭文字で、テクノロジー・ドリブンかつ高品質な教育サービスを提供。