グローバル企業への転身を果たしたファーストリテイリングの事業KPIを追う

今晩は、「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングについて調べます。

IRページをみていたら、ファクトブックなるものが1997年分まであったので、さかのぼれるだけさかのぼってみました。

ファーストリテイリングの業績推移

まずは20年間の業績をグラフで振り返ります。

売上は2001年に4185億円を記録した後、一旦落ち込み、それからまた右肩上がりの成長を続けています。

2016年8月期の売上収益は1.7兆円、営業利益は1272億円にまで達しています。

店舗数の推移

次に、業績と同じく重要な経営指標である、店舗数の推移です。まずは全体から。

全体の店舗数は2005年に1000店舗を超え、2016年には3000店舗を超えています。

続いて、ユニクロの国内外店舗数だけをみてみましょう。

2004年ごろから海外店舗の出店を始め、2016年に海外ユニクロ店舗数が国内を超えたことがわかります。

中でも店舗数が多いのは中国と韓国で、2016年には中国472店舗、韓国173店舗が営業しています。

従業員数

続いて、従業員数の推移です。

2012年まではずっと臨時従業員の方が数が多かったのが、2012年以降逆転し、今ではかなり大きな差がついています。

部門別売上高の推移

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン