CEOエヴァン・スピーゲルが語るスナップチャットの成長戦略とは

特集

以前も取り上げましたが、動画メッセージングアプリ「Snapchat」を運営するSnap社の株価が順調に下がり続けています。

「ちょっと底打ったかな」という感じではありますが、依然として大赤字なので次の決算でまた投資家を失望させる可能性は高いと思います。

投資家にとって重要なのはSnap社が「そもそも黒字化できるのか」「できるとすればいつ黒字化するのか」という点です。

そのシナリオが明確であれば、自信を持って資金を投じることもできるかもしれません。

ということで、今回はもうちょっと具体的に「Snap社が黒字化するシナリオ」について考えてみたいと思います。

Snapの事業の状況

まずは現状を整理するために、8月10日に発表されたQ2 2017 Earnings Reportを見てみます。

DAU(1日あたりのアクティブユーザー数)の推移


DAUは世界全体で1.73億人に達しています。これはFacebook(DAU13.25億人)の7分の1弱の規模。

北米では7500万人、欧州では5700万人、それ以外では4200万人が1日に一回以上Snapchatを利用しているようです。

DAUの成長率(前年同期比)は世界全体で21%、北米が23%、欧州が24%、「その他地域」が17%ほどとなっています。

次に、地域ごとの四半期収益です。

直近四半期では1億8400万ドルの収益を上げており、そのうち北米が1億4800万ドルとかなりの割合(81%)を占めています。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン