創業者三名の苗字の頭文字が由来!鎌倉本社のユニークなインターネット企業「カヤック」

今回は、「面白法人」として知られるユニークなインターネット企業、「カヤック」についてまとめてみたいと思います。

現在も代表を務める柳澤 大輔氏は、1974年香港生まれ。慶應大学の情報系で学んだのち、ソニー・ミュージックエンタテインメントに入社。

大阪の販売員としてデパート勤務したのち、新商品の企画やバイヤー業務などをつとめたそうです。


1998年に友人と3人で合資会社としてカヤックを設立。社名の由来は3名(柳澤氏、久場 智喜氏、貝畑 政徳氏)の頭文字から。

なおかつ、イヌイットが用いる「カヤック」は、どんな過酷な状況でも決して沈まないそうです。日本語の「火薬」に聞こえる点も。


2001年には受託事業を行うグループ会社(株)cuppyを設立(2008年、本体に統合)。

この頃から、オリジナルサービスをいくつも開発しつつ、受託事業も行うというモデルで会社を拡大してきたようです。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン

関連記事

グリー2017年1Q決算 前年から45%売上増加、その中身は?

ソーシャルゲーム会社として国内大手のグリーの決算が出ました。売上は前年同期比でプラス45%と大きく増加しています。

過去5年で急成長を遂げたコロプラ社の営業費用のうち、最も大きなものは何か?

今日はコロプラについてみていきます。

コロプラの歴史は意外と長く、2003年5月に代表の馬場功淳氏が個人でゲーム「コロニーな生活」を提供したのが始まりです。

売上減の中で手堅くキャッシュを稼ぐコロプラの2017年3Q業績

昨日、コロプラの2017年9月期3Qの決算が発表されました。

売上高が382億円(前年同期比-40.8%)、営業利益は98億円(前年同期比-61.6%)ということで、結果としての数字だけを見れば「良い結果」ということはできません。