世界恐慌を生き延びた老舗オートバイメーカー『ハーレー・ダビットソン』は現代を生き残れるのか?

今回は、”キング・オブ・モーターサイクル”とも言われるアメリカの有名オートバイメーカー「ハーレー・ダビットソン」についてご紹介します。

すべての始まりは1901年、当時21歳のウィリアム・S・ハーレーが自転車に組み込めるエンジンを手書きで設計したことにさかのぼります。

場所はアメリカ中西部のウィスコンシン州ミルウォーキーです。

1903年、ウィリアムは友人のアーサー・ダビッドソンとともに最初の自転車用バイクエンジンを開発。「ハーレー・ダビッドソン第一号(3馬力)」が誕生します。

トマトの空き缶など、当初は日常用品を駆使して作られたようです。

やがてアーサーの兄ウォルター・ダビッドソンとウィリアム・ダビッドソンが加わり、1906年には正式に「Harley-Davidson Motor Company」を設立。


1909年には、代名詞である「Vツインエンジン」の最初のバージョンも開発すると、馬力も7馬力にアップ。

1912年には日本にもバイクを輸出し、全体のディーラーネットワークは200拠点に達するなど、早くから成長していたようです。

1917年には、第一次世界大戦でアメリカ軍隊にバイクを販売。売上の半分が米軍向けとなりました。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン