会員2780万人!お手本のようなオムニチャネル化を進めるアメリカ最大の美容チェーン「Ulta Beauty」

今回は、アメリカ最大の美容用品の専門小売チェーン「Ulta Beauty」について取り上げます。


創業者はリチャード・E・ジョージJr.氏。

1989年までアメリカのドラッグストアチェーン「Osco Drug(現在はCVSヘルス傘下)」で社長を務めるなど、アメリカの小売業界でキャリアを積んだ人物。

1990年にベンチャーキャピタルから1150万ドルを調達して開始したのが「Ulta Beauty」です。

その後は、あらゆるカテゴリの美容製品を取り扱うことで成長を続けてきました。

会社ホームページより)

LVMH社の展開する専門店「Sephora」のアメリカ進出や「Amazon」の登場など、競合が続々出てくるなか、2007年10月にはNASDAQへ上場します。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン

関連記事

営業利益率が5年で2.3倍に 資生堂や花王を営業利益率で上回る「コーセー」

営業利益率が5年で2.3倍に 資生堂や花王を営業利益率で上回る「コーセー」

注目企業

今回は雪肌精で有名な化粧品企業「コーセー」について取り上げます。 

コーセーは戦後間もない1946年に小林孝三郎氏によって創業された企業。小林氏は元々化粧品の製造業者で働いており、そこで得たノウハウをもとにコーセーを設立しました。

2年で営業利益率が2倍に改善した「資生堂」

2年で営業利益率が2倍に改善した「資生堂」

注目企業

大人の女性にとって欠かすことのできない日用品である化粧品。今回のエントリでは女性の美を支える資生堂が、ここ2年で営業利益率を大幅に改善した戦略についてまとめていきます。

1872年に日本初の民間調剤薬局として設立