エンタメ界を牽引する「エイベックス」は音楽市場の縮小を乗り越えられるか?中心事業と成長戦略を整理

今回は、日本を代表するエンターテイメント企業「エイベックス」についてまとめたいと思います。

会社ホームページ

エイベックスの創業は1988年のことで、当時24歳の松浦勝人氏が「エイベックス・ディー・ディー(株)」を設立。

「AVEX」の名前は「A=オーディオ」「V=ヴィジュアル」「EX=エキスパート」からの造語。

当初は、町田のマンション「スカイパレス町田」にて、輸入レコードの卸売を行うという事業内容でした。


1990年2月、町田で音源制作を開始すると、同年9月には自社レーベル「avex trax」を設立。周囲の反対を押し切って、自社音源の販売を開始します。

1992年には、エイベックスが仕掛け「テクノ・ハウスのディスコ」となったジュリアナ東京とコラボレーションし、「JULIANA'S TOKYO」をリリース。

ジュリアナ人気の相乗効果により、10万枚のヒットとなります。


同年9月には、小室哲哉氏とのコラボレーションが実現し、1993年には『trf』のデビューにつながります。

1993年、2月に『trf』がデビューすると、5月には本社を南青山に移転。

1995年には安室奈美恵も向かい入れ、「アムラー」と呼ばれる女の子が多数出現するブームに。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン