田中邦裕氏が高専時代に18歳で創業!Webとともに発展した「さくらインターネット」の歴史と今後の展望

今回は、ホスティングサービスを展開する「さくらインターネット」についてまとめます。


さくらインターネットは、舞鶴高専に通う18歳の学生だった田中邦裕氏が1996年創業しました。

インターネットの普及とともに発展し、2005年に東証マザーズに上場。

田中氏は2000年に一度、社長を退任していますが、2007年、経営が危機的な状態になったことをきっかけに社長に復帰しています。

以来、過去11年間の業績推移を見てみます。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン

関連記事

大口案件を獲得!宇宙関連事業も進む「さくらインターネット」2019年3月期本決算

大口案件を獲得!宇宙関連事業も進む「さくらインターネット」2019年3月期本決算

注目企業

レンタルサーバやクラウドサービスを展開する「さくらインターネット」(証券コード:3778)が決算を発表しました。

ストック売上が全体の8割超!日本初のネット企業「インターネットイニシアティブ」

今回は国内で初めてインターネットの商用接続サービスを開始した「インターネットイニシアティブ(IIJ)」について見ていきたいと思います。