2012年創業から3年でユニコーンに!アメリカの食料品デリバリーサービス「Instacart」の歴史

スタートアップ

今回は、アメリカのユニコーン企業「Instacart」についてまとめたいと思います。

Instacartのサービスを一言で表すと、「食料品買い物代行&デリバリー」。

多くの人がすでに買い物を行なっている食品スーパーでの買い物を代行し、その日のうちに運んでくれるというサービスです。



今回のエントリでは、Instacartの創業からの経緯を時系列でまとめていきたいと思います。


Instacartの創業者アプアバ・メフタ氏

Instacart創業者のアプアバ・メフタ(Apoorva Mehta)氏はインド生まれ、カナダ育ちの31歳。

具体的な誕生日は分かりませんが、1987年前後生まれのようです。


続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン

関連記事

5歳の時に中国から移住!DoorDashの創業者「Tony Xu」の半生(前編)

5歳の時に中国から移住!DoorDashの創業者「Tony Xu」の半生(前編)

特集

日本でも出前館やUberEATSなどのフードデリバリーが盛んになる中、アメリカでも日に日にフードデリバリースタートアップの競争が激化しています。

今回は、そんなアメリカのフードデリバリースタートアップの中でも、飛ぶ鳥を落とす勢いでシェアを拡大している「DoorDash」をまとめていきたいと思います。 

総注文額15億ドルを突破!「Grubhub」2019年1Q決算

総注文額15億ドルを突破!「Grubhub」2019年1Q決算

アメリカのフードデリバリー企業「Grubhub」(ティッカーシンボル:GRUB)が2019年1Q決算を発表しました。