テレビ広告は次の時代へ!低迷を乗り越えた「Magnite」全力でディズニーと連携

テレビ広告は次の時代へ!低迷を乗り越えた「Magnite」全力でディズニーと連携

注目企業

今回は、読者の方からリクエストのあった「Magnite」についてご紹介する(対応遅れすみません!)。

Magniteは、いわゆるアドテク企業。2020年初めまでの社名は「ルビコン・プロジェクト(Rubicon Project)」だった。2007年の創業以来、山あり谷ありの歴史だ。

このところ、Magniteは好調な業績を示している。株価は2020年の後半に急騰。4月から一気に10倍前後になり、時価総額は今も50億ドルを超えた。

今回は、そもそも「ルビコン・プロジェクト」とは何なのか。現在のMagniteはどんな事業を展開しているのか。なぜこれほど市場の注目度が高まっているかについて確認していく。

「メタ・アドネットワーク」として創業

ルビコン・プロジェクトが2007年に創業したとき、課題としたのが「アドネットワークの多さ」だった。

続きを読むには

こちらの記事は現在、「1記事無料」キャンペーン対象です。
無料ニュースレターにご登録後、ログインすれば1記事までお読みいただけます。