動画会議ツール「Zoom」の製品戦略から見るワークプレイスの未来

動画会議ツール「Zoom」の製品戦略から見るワークプレイスの未来

特集

昨日の特集記事では、動画会議ツール「Zoom」の成長戦略の大枠について改めて紐解いた。

Zoomは、パンデミックによる追い風を最も大きく受けた企業の一つだ。一躍時代の寵児ともいえる存在となったが、「ポストコロナ」が現実のものとなるにつれ、市場の期待に見合った成長を続けられるか分岐点に差し掛かっている。

大きな強みとしてきたのが、何よりプロダクトとしての「使い勝手」だ。それゆえに個人やスモールビジネスの利用も加速し、直近では動画イベントマーケットプレイス「OnZoom」を立ち上げたりと、自らの強みをさらに伸ばそうとしている。

一方では収益上、インパクトが大きいのがエンタープライズ(大企業)向けだ。MicrosoftやGoogleなど巨大企業がひしめく中でZoomが強みを発揮し続けられるかは、市場が最も疑念を抱いているトピックと言えるだろう。

今回の後編では、前編で取り上げたZoomの「成長戦略」から一段掘り下げて、どのような「製品」で持続的拡大を実現しようとしているかをご紹介したい。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

プレミアム会員に登録
または
ログイン