任天堂3Q決算『あつ森』続伸、デジタル販売増加で収益性バク上げ

任天堂3Q決算『あつ森』続伸、デジタル販売増加で収益性バク上げ

注目決算 関連資料

任天堂が2月1日、2020年4〜12月期決算を発表した。巣ごもりによるゲーム需要の拡大が続いている。

売上高は前年比37%増の1兆4,045億円、営業利益は同じく98%増の5,211億円だった。この規模にして、利益額が倍増している。

任天堂は約5年前まで営業赤字に転落していた。そこからの復活は目覚ましいばかりだ。10〜12月の売上は6,349億円(前年比9.7%増)、営業利益は2,297億円(前年比36%増)にのぼる。

今回、任天堂は業績の上方修正も発表。通期の売上、営業利益予想をそれぞれ2,000億円、1,100億円ずつ引き上げた。

業績は絶好調だが、今後について懸念もないことはない。任天堂の足元の状況について、決算報告の内容を整理したい。

『あつ森』などヒット作の成長続く

任天堂の売上1兆4,045億円のうち、実に1兆3,353億円(95%)を占めているのが『Nintendo Switch』プラットフォームだ。

続きを読むには

こちらの記事は現在、「1記事無料」キャンペーン対象です。
無料ニュースレターにご登録後、ログインすれば1記事までお読みいただけます。