今こそ理解したい!手数料無料の株アプリ「Robinhood」のビジネスモデル

今こそ理解したい!手数料無料の株アプリ「Robinhood」のビジネスモデル

スタートアップ

今回取り上げるのは、米国の株式売買アプリ「Robinhood」である。

ここ数年、Robinhoodに対する毀誉褒貶は止むことがない。それは同社のビジネスモデルに関することだったり、市場の暴落時に使えなくなるなどの「事件」によるものだ。

そして2021年、決定的とも言える出来事があった。先日のGameStop株取引制限事件である。この事件がなぜ起きたかを理解するためにも、Robinhoodがここに至るまでの経緯について知るのは有用だ。

「手数料無料」の株アプリRobinhoodはどのようにして生まれ、成長したのか。今回はその点について整理していきたい。

三つ目の金融系プロジェクトとして創業

Robinhoodは2013年、ウラジミール・テネフ(Vladimir Tenev)とバイジュ・バット(Baiju Bhatt)の二人によって創業された。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

プレミアム会員に登録
または
ログイン