DoorDash特集③米国市場でトップシェアに!今後はどこに向かっていくのか?

DoorDash特集③米国市場でトップシェアに!今後はどこに向かっていくのか?

特集

前回の続き)

今や米国でトップシェアを握るフードデリバリーサービス「DoorDash」。

創業者のトニー・シュウはスタンフォード大MBAの学生だった。幼少期からの原体験もあり、ローカルビジネスを支援することをミッションとして携えた。

サンフランシスコやニューヨークなど、都会を中心に展開する競合を尻目に、「効率の良い物流インフラを作る」というビジョンのもと、ベイエリア郊外を中心に土台を固めていった。

多地域展開でサンフランシスコにも進出

DoorDashが最も近郊の都会であるサンフランシスコに進出したのは、2015年1月になってからのことだ。

続きを読むには

こちらの記事は現在、「1記事無料」キャンペーン対象です。
無料ニュースレターにご登録後、ログインすれば1記事までお読みいただけます。