DoorDash特集②他のフードデリバリースタートアップと何が違ったのか?

DoorDash特集②他のフードデリバリースタートアップと何が違ったのか?

特集

前回の続き)

ウェブサイトから注文を受け、レストランの食事を配達する「PaloAltoDelivery.com」を立ち上げたのち、DoorDashの創業メンバーはベンチャー育成の名門、Yコンビネーターに申し込んだ。

無事に採択され、デモデー(プレゼン)では週次で31%もの成長をアピール。デモデーは成功、シードラウンドで240万ドル(≒2.5億円)の資金を集める。

DoorDash、初期のグロース施策

DoorDashがこの直前に行ったグロース施策が興味深い。文字通り、彼らが240万ドル集めるのに直結した(と思われる)施策である。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

プレミアム会員に登録
または
ログイン