DraftKings(後編)プロリーグが延期になった2020年、進めた戦略とは?

DraftKings(後編)プロリーグが延期になった2020年、進めた戦略とは?

注目企業

前回の続き)

2012年に創業し、デイリーファンタジースポーツの展開で急成長をとげたDraftKings。彼らにとって一番のハードルは「法律」だった

2015年にはFBIと米国司法省がデイリーファンタジースポーツの事業モデルを調査していることが報道される。DraftKingsの顧客に尋ねて回っていることが明らかになった。

FanDuelとの統合話

2016年の終わりには、衝撃的なニュースが業界を騒がせる。DraftKingsとFanDuelの合併話である。

実現すれば、盛り上がっている市場のトップ2企業が一緒になるわけだ。両者はむしろ、バチバチに競い合ってきた。

やや遡って2014年、DraftKingsは「DraftStreet」を買収した。これについてFanDuelのCEOは「推計ではDraftKingsはうちの3分の1くらいのサイズだ。違うというなら、数字を開示しなよ」と挑発。

それから2年以上がたち、DraftKingsとFanDuelは米国における市場の90%超を握る二大プレイヤーに成長していた。

圧倒的な存在になった一方で、法的なコストは大きい。合併によってそれらの費用を統合し広告費も圧縮。収益性を高めるのが目的だった。

しかしながら、FTC(連邦取引委員会)は両社の統合を承認しなかった。実現すれば、ほぼ独占である。承認されなかったのは、当たり前のようにも見える。

最高裁がスポーツ賭博を認める

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

プレミアム会員に登録
または
ログイン