Snap 1Q21決算:インドなどでユーザー続伸、売上成長率は過去3年で最大に

Snap 1Q21決算:インドなどでユーザー続伸、売上成長率は過去3年で最大に

注目決算

米国で人気のコミュニケーションアプリ「Snapchat」を手がけるSnap社が好調だ。4月22日に発表された2021年1〜3月期決算で、売上高は前年比66%増の7.7億ドル。

営業損失は3.0億ドルと大きいが、調整後EBITDAは171万ドルのマイナス。フリーキャッシュフローは今回の決算で初めてプラスとなり、1.26億ドルで着地した。

CEOのエヴァン・スピーゲルは「2021年は過去3年で最も大きな売上成長率とDAUの伸びとともに始まった」とアピール。プロダクトフォーカスと長期目線での組織的実行力の強さに自信をみなぎらせた。

今回の記事では、上場直後には大赤字だったSnap社が、いかにして急成長を実現してきたのか。その打ち手を中心に整理していこう。

Android版ユーザーがiOSを上回る

2017年の新規上場以来、もっとも大きく変わった点の一つが「Android」アプリの強化だ。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

プレミアム会員に登録
または
ログイン