Salesforce 3Q決算:Slackを277億ドルで買収へ、CEOの勢いが凄い

Salesforce 3Q決算:Slackを277億ドルで買収へ、CEOの勢いが凄い

注目決算

Salesforceが12月1日(現地時間)発表した2020年6〜8月期決算は、最終損益が10.8億ドルの黒字だった。

そのうち11億ドルは投資先の上場による投資リターンである。Salesforceの投資先ではSnowflakeが9月に上場し、株価が1日にして倍増した。

Salesforceの売上は前年比20%増の54.2億ドル(前回予想は上限52.5億ドル)。営業利益は同じく245%増の2.24億ドルに膨らんだ。

SaaSビジネスは売上の予測可能性が高いため、短期的な利益は度外視して売上拡大を優先するプレイヤーが多い。その中でSalesforceは随一のスケールを現実にしたトップ企業だ

CEOのマーク・ベニオフは「大規模なエンタープライズ向けのソフトウェア企業で、これほどのペースで成長しているものは他にない」とアピール。

Slack買収についても正式に公表された。今回は、成長をつづけるSalesforceと、Slackとの統合についても注視しつつ、決算報告の内容を整理したい。

オーガニックでも力強い成長

SalesforceはCRMから始まり、カスタマーサポート、マーケティングなど他分野でSaaSを提供、それぞれが成長している。

続きを読むには

こちらの記事は現在、「1記事無料」キャンペーン対象です。
無料ニュースレターにご登録後、ログインすれば1記事までお読みいただけます。