DeNA 2Q決算:海外ゲーム好調、『Pococha』MAUが前年比3倍をキープ

DeNA 2Q決算:海外ゲーム好調、『Pococha』MAUが前年比3倍をキープ

決算まとめ 関連資料

DeNAが11月10日に発表した4〜9月期決算は、純利益が199億円の黒字だった。前年比305%もの増益である。

売上収益は前年比5.4%増の688億円。営業利益は同じく315%増の209億円である。コロナ拡大によってスポーツ事業などが逆風にあえぐ中、売上ミックスの変化で大幅な増益になった。

DeNAには長年、大きな課題が二つあった。主軸のゲーム事業の収益安定化と、ゲームに比肩する中核事業の創出である。

柱になりつつあったスポーツ事業(プロ野球)はコロナ拡大が大打撃となった。巨額投資を進めていたオートモーティブ事業も同様である。

768億円の営業利益を稼いだ2012年度以来、業績が低迷し続けてきたDeNA。ようやく風向きが変わり始めた。足元の取り組みについて、一つずつ確認していこう。

『スラダン』ヒットで海外ゲーム消費倍増

まず重要なポイントは、基盤となるゲーム事業が上向き始めたことだ。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

プレミアム会員に登録
または
ログイン