Uber 3Q決算:デリバリー牽引、配車サービスの復調も「時間の問題」と断言

Uber 3Q決算:デリバリー牽引、配車サービスの復調も「時間の問題」と断言

決算まとめ

Uberが11月5日に発表した2020年7〜9月期決算は、最終損益が10.9億ドルの赤字だった。前年比では7,300万ドルの改善だ。

売上は31.3億ドルで、前年比18%減。2Qからは大きくリバウンドした。営業損失は11.2億ドルと、こちらも前四半期からは改善している。

デリバリーが配車を売上でも上回る

2020年は、Uberにとって非常に大きな変化の一年になった。重要なポイントの一つは、配車サービスとフードデリバリーの取扱高が逆転したことだろう。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

プレミアム会員に登録
または
ログイン