Expedia 3Q決算発表・予約数11%増・売上15%増・営業利益25%増・HomeAwayが牽引

Expediaの決算が発表されました。

CEOがUberに行って交代してしまいましたが、今後はどうなるのか。


まずPLをみてみます。

売上は29.65億ドル(前年同期比15%増)、営業利益4.81億ドル(前年同期比25%増)となっています。


次にKPIをみてみます。

予約額では、CoreOTAが184.56億ドル(前年同期比9%増)、HomeAwayが20.13億ドル(前年同期比44%増)、Egenciaが17.28億ドル(前年同期比9%)と、HomeAwayが牽引役となっています。

地域別では、国内が135.4億ドル(前年同期比5%増)、海外が86.57億ドル(前年同期比22%増)となっています。

最後にビジネスモデル別の予約額では、Agenecy モデルが103.92億ドル(前年同期比4%増)、Merchant モデルが97.92億ドル(前年同期比14%増)、HomeAwayが20.13億ドル(前年同期比44%増)。



次に、BSをみてみます。


調節後EBITDAについてみてみます。

調節後EBITDAの7.09億ドル(前年同期比6.3%増)となっています。