Adobe 3Q決算:クリエイティブ製品の需要拡大、予想を上回る加速に

Adobe 3Q決算:クリエイティブ製品の需要拡大、予想を上回る加速に

決算まとめ 関連資料

Adobeが9月15日に発表した2020年11月期6〜8月期決算は、最終損益が9億5,500万ドルの黒字だった。

売上高は32億2,500万ドルで前年比14%の拡大、営業利益は10億6,900万ドルで高収益を維持した。

前回決算では売上予想およそ31.5億ドルと開示されていたため、若干上振れで着地した形だ。COVID-19危機下においてAdobeがどんな取り組みを進めているか、決算報告の内容を紐解いていこう。

クリエイティブ製品のARRが82.9億ドル

Adobeのビジネスは「デジタルメディア」「デジタルエクスペリエンス」の二つに大別される。イラレやフォトショップなど、おなじみのAdobe製品を数多く展開するのがデジタルメディア部門だ。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン