Zoom 2Q21決算:売上前年比4.5倍超、小口顧客向けが全体の36%に拡大

Zoom 2Q21決算:売上前年比4.5倍超、小口顧客向けが全体の36%に拡大

決算まとめ 関連資料

Zoom Video Communicationsが現地時間8月31日に発表した2020年4〜6月期決算は最終損益が1億8,570万ドルの黒字だった。リモートワークの拡大は引き続きオンライン動画会議の需要を急増させている。

売上高は6億6,350万ドルで前年比355%もの拡大だ。営業利益についても1億8,810万ドルとこれまでの水準を大きく上回った。

Non-GAAPベースでの営業利益は2億7,700万ドルで同じく前年同期の2,070万ドルから10倍以上増えた。

前回決算で発表されたガイダンスでは売上4.95〜5.00億ドル、Non-GAAP営業利益1.30〜1.35億ドルという予想だった。どちらも大きく上回る結果だ。

セキュリティや小口ユーザーの拡大などが懸念されたZoomだが、足元のところは大変な追い風を受けていると言える。

中小規模顧客を中心に爆発的な追い風続く

顧客数の推移など、各種事業KPIも極めて強い決算だった。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン