DevOpsプラットフォーム「GitLab」上場へ:ユニークな企業文化で成長

DevOpsプラットフォーム「GitLab」上場へ:ユニークな企業文化で成長

IPO

DevOpsプラットフォーム「GitLab」が、近くNASDAQへ上場する。ソースコード管理(SCM)から運用まで、ソフトウェア開発のライフサイクルを支援する企業だ。

GitLabは2011年にオープンソースプロジェクト(OSS)として始まった。創業以来、フルリモートでの経営が続けられるなど、ユニークな側面をいくつも持っている。

2021年5〜7月期の売上高ランレート(年次換算)は2.33億ドル(前年比69%増)。開発者向けのプラットフォームとして急成長を遂げている。

時価総額340億ドルに達した「MongoDB」を筆頭に、オープンソースプロジェクトとしての出自を持ちながら大きく成長する企業は市場でも目立ってきた。GitLabがどのような事業を展開してるかについて、今回は紐解きたい。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

プレミアム会員に登録
または
ログイン
連載シリーズ (全42回)

2021年海外の注目IPO

Df onvje8cness1nbggupg
DevOpsプラットフォーム「GitLab」上場へ:ユニークな企業文化で成長
Df onvje8cness1nbggupg