ユニ・チャーム1Q決算:追い風は日本のみ、原油価格の下落も後押しに

ユニ・チャーム1Q決算:追い風は日本のみ、原油価格の下落も後押しに

注目決算 関連資料

衛生用品の大手メーカー「ユニ・チャーム」が5月14日、1Q決算を発表しました。

売上高は1,838億円(前年比+9.0%)、コア営業利益は302.8億円(同+50.7%)。大幅な増益となりました。

セグメント業績をみると、パーソナルケア部門、ペットケア部門がともに大幅な増益となっています。

ユニ・チャームは「超立体®マスク」などを販売しており、新型コロナウイルスの拡大による追い風を受けた消費財メーカーの一つ。足元の業績にはどんな影響が現れたのか、決算報告の内容を整理します。

コロナ追い風は日本のみ

まずは地域ごとの業績構成を見てみましょう。

続きを読むには

こちらの記事は現在、「1記事無料」キャンペーン対象です。
無料ニュースレターにご登録後、ログインすれば1記事までお読みいただけます。