IDaaS「Okta」決算:Tモバ統合で巨大アップセル、株価は急落時から2倍

IDaaS「Okta」決算:Tモバ統合で巨大アップセル、株価は急落時から2倍

注目企業 関連資料

ID管理SaaSを手掛ける「Okta」が1Q決算を発表しました。

売上高は1億8,286万ドル(前年比+46%)、営業損失は▲5,220万ドル。高成長が続いています。

売上の大半を占めているのは定期課金(Subscription)。導入支援などを行うプロフェッショナルサービス売上は908万ドルで、前年とほぼ横ばいとなっています。

コロナ後の社会でリモートでの仕事が当たり前になったとき、重要になってくるのが各従業員のID管理です。大企業になるほど、セキュリティなどの観点からの重要性が増してきます。

そうした中で、IDaaSとしてリーディングカンパニーであるOktaはどんな取り組みを進めているのか。決算報告の内容を整理しましょう。

大口顧客が1,580社に拡大

まず確認したいのは、Oktaの顧客数などの動向です。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン