ラクス決算:楽楽精算が牽引、減速懸念も30%成長を目指す

ラクス決算:楽楽精算が牽引、減速懸念も30%成長を目指す

注目企業

経費清算システム「楽楽精算」を手掛けるラクスが好調です。

売上高は116億800万円(前年比+32.8%)、営業利益は11億7,400万円(同△20%)。増収減益となりました。

売上構成をみると、「楽楽精算」をはじめとするクラウド事業が牽引。売上89億円を突破しています。IT人材事業についても売上26億円を超え、伸びています。

足元の好調を受けて、ラクスの株価も堅調な推移となっています。時価総額は1,966億円。

直近の動向はラクスにどういう影響を及ぼしているのか。決算報告の内容を整理してみましょう。

人件費・広告への先行投資を敢行

2020年3月期、ラクスは大幅な増収を目指し、積極的な成長投資を実行してきました。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン