大手OTA「Expedia」決算:予約総額は急減、大幅コスト減で生き残りを図る

大手OTA「Expedia」決算:予約総額は急減、大幅コスト減で生き残りを図る

注目企業

大手旅行予約サイト「Expedia」が1Q決算を発表しました。

売上高は22億900万ドル(前年比△15.3%)、営業損益は△12億9,400万ドル。これまでも1Qは赤字が続いていたExpediaですが、今回はさらに大幅な赤字となりました。

言うまでもなく、旅行業界は大きな逆風に晒されています。その中でも動向が特に見えやすいのが、旅行予約サイト。

果たして足元がどういう現状なのか、どうやってこの苦境を乗り切るつもりなのか。決算報告の内容を整理してみましょう。

予約総額は△39%の落ち込み

まず確認したいのは、足元における数値動向です。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン