Alphabet 3Q決算:小売広告が続伸、YouTube課金は5000万人突破

Alphabet 3Q決算:小売広告が続伸、YouTube課金は5000万人突破

注目決算 関連資料

Googleの親会社「Alphabet」が26日、2021年7〜9月期決算を発表。パンデミックからの反動もあり、大幅な増収増益となった。

売上高は651億ドル(前年比41%増)、営業利益は210億ドル(同88%増)。営業利益率は32%と、前年同期の24%から大きく回復している。

CEOのサンダー・ピチャイは「5年前、私はAIファーストな会社になることを宣言した。その投資によって便利な製品を生み出せたことを今四半期の結果が示している」と胸を張る。

Alphabetは今何に注力しており、どのように進捗しているのだろうか。決算報告の内容から重要なポイントをピックアップする。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

プレミアム会員に登録
または
ログイン