米中摩擦による低迷から復調!株価1年でまた倍増となった「NVIDIA」4Q決算

米中摩擦による低迷から復調!株価1年でまた倍増となった「NVIDIA」4Q決算

注目決算

機械学習時代のリーディングカンパニー、NVIDIAが4Q決算を発表しました。

4Q売上は31.1億ドル(前年比+41%)、営業利益は9.9億ドル(同3.4倍)。大幅な増収増益ですが、1年を通しての業績では減収減益となっています。

四半期での推移をみると、2019年4Qから売上が大きく落ち込んでいたことが分かります。中でも、主軸だった「ゲーミング」「データセンター」の落ち込みは激しく、4Qになってようやく回復してきたようです。

長い目で見れば「ほぼ確」で重要な存在と目されるNVIDIA。足元の業績がなぜこんなに変動しているのか、決算コールの内容を軸にまとめました。

中国などアジア向け売上が7割超

NVIDIAの売上が落ち込んだ理由は明確で、米中の貿易摩擦です。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

プレミアム会員に登録
または
ログイン