電子書籍の老舗「ebook japan」ヤフーとの連携強化で44%増収

電子書籍の老舗「ebook japan」ヤフーとの連携強化で44%増収

注目決算 関連資料

電子書籍サービスを展開する「イーブックイニシアティブジャパン(以下:イーブック社)」が通期決算を発表しました。

売上高は212億8,100万円(前年比+43.9%)、営業利益は7億9,300万円(同+36.1%)。創業20年の企業としては、かなり大幅な拡大です。

巣篭もり需要が拡大する現在の情勢の中で、今後の追い風を受けそうな領域の一つが「電子書籍」です。

イーブック社は2000年から電子書籍の配信を手がけてきた企業。翌年には(株)手塚プロダクションとも契約。日本の電子書籍におけるパイオニアとして、長年事業を展開してきました。

2003年にはヤフー(株)と提携。2011年に東証マザーズに上場(2013年には一部指定)後、2016年にはヤフーおよびソフトバンクグループによって子会社化されています。

イーブック社が足元でどんな取り組みを進めているのか、決算報告の内容を整理してみましょう。

『Y!ブックストア』統合で上乗せ

イーブック社の売上は、大きく2種類に分類することができます。

続きを読むには

こちらの記事は現在、「1記事無料」キャンペーン対象です。
無料ニュースレターにご登録後、ログインすれば1記事までお読みいただけます。