【2016年2月期】松竹の事業と業績内訳

松竹は明治28年より大谷竹次郎が京都新京極阪井座の仕打(興行主)となり、演劇興行に当ったことに端を発する企業。2016年2月期の売上高は925億円、経常利益66億円。


事業セグメントは「映像関連事業」「演劇事業」「不動産事業」「その他」として報告されており、それぞれの概要は次の通り。


映像関連事業

劇場用映画の製作・売買・配給・興行、映画劇場・売店の運営、テレビ映画の製作・販売、CMの企画・製作など。

演劇事業

演劇の企画・製作・興行、俳優・タレントの斡旋など。

不動産事業

所有する不動産の賃貸など。

その他

舞台衣装の製作・売買・賃貸、キャラクター商品の企画・販売、演劇舞台の大道具・小道具・音響の製作・販売など。


連結従業員数の内訳

従業員1214名のうち、468名が映像関連事業、388名がその他、226名が演劇事業に従事。不動産事業は30人。


セグメント別の売上高

売上高925億円のうち、映像関連事業は508億円(55%)、演劇事業が257億円(28%)、不動産事業が102億円(11%)。

セグメント利益

利益で比べると、不動産事業が42億円(42%)と最も大きな利益をあげる。映像関連事業が27億円(28%)、演劇事業が27億円(27%)の利益。