「ファミリーマート」決算:アプリ515万DL、キャッシュレス30%に拡大

「ファミリーマート」決算:アプリ515万DL、キャッシュレス30%に拡大

注目決算

ファミリーマートが2020年2月期決算を発表しました。

営業収益は5,171億円(前年比△16.2%)、事業利益は645億円(同+25.2%)。かなり大幅な減収増益となりました。

日本のコンビニ産業は店舗数の拡大が頭打ちとなりつつあり、大手各社は収益性向上への事業転換を迫られています。

こうした中でファミリーマートはどんな施策を進めているのか。決算報告の内容を整理してみましょう。

店舗数拡大は原則、日商は横ばい

まずは業績の概況を一通り確認しましょう。

続きを読むには

こちらの記事は現在、「1記事無料」キャンペーン対象です。
無料ニュースレターにご登録後、ログインすれば1記事までお読みいただけます。