年間約700億円も稼ぐYelpの業績

Yelpは米国では圧倒的な人気を誇る、総合口コミサイトです。ユーザーとレストランなどのローカルビジネスを“word of mouth”つまり口コミによって繋げています。2016年末までの累計レビュー数は1億2100万レビューを獲得しています。

以前から様々な会社を買収しているYelpですが、今年2017年に入ってからもカナダ・トロントのWifiマーケティングの Turnstyleを約20億で買収し、シナジーによりローカルビジネス店舗とユーザーのりテンションを高めようとしています。またレストランの席をリアルタイムで管理するサービスのNowaitを約40億円で買収しています。買収にも積極的でYelpもモバイルアプリの充実と、ユーザー体験、ローカルビジネスの手助けを行っているようです。

Yelpの業績を見てみると2009年の売上は1213万ドル〜2016年の7億1307億ドルへ成長し約58倍も成長しました。年平均成長率も66%と驚異的なトップライン成長を見せています。ちなみに日本でもぐるなび、食べログなどが人気で、ぐるなびは2016年決算では売上346億円ありました。


Yelpの主な概要:

Discovery:ユーザーが日々様々な購入活動(ショッピング、食事)で行う意思決定をレビューを通じて手助けしている。

Engagement:ユーザーはレストラン、ホテルなど体験した事をコメントレビュー、ビデオなどを通じ他のユーザーとシェアする事ができる。またビジネスオーナーと直接コミュニケーションを取ることができる。ビジネスオーナーはプロモーションを行うために様々なYelpの機能を使う事ができお店のプロフィールなどを充実させる事ができる。

Advertising:ビジネスオーナーは多くユーザーに対して広告を打つことができます。リスティング、検索型広告など様々機能をローカルビジネスへ提供している。

Transactions。ユーザーはYelp Eat24(2015年買収)を通じてフードデリバリーなども利用する事ができる。Yelpはこの取引手数料の数%を貰っています。


(出所:Yelp Investor Presentation)


Yelpのコストの大半はマーケティング、営業に費やしています。2012年に60%あったこの費用比率をを長期的には40%代まで下げる事を目標にしています。またYelpのモバイルアプリのプロダクト費用は10%台を保つようです。

対売上比率 FY2012 FY2013 FY2014 FY2015 FY2016 長期目標
原価 7.2% 7.1% 6.5% 9.3% 8.5% 7%-8%
マーケティング、営業 62.5% 56.6% 53.3% 54.9% 53.7% 43%-44%
プロダクト開発費 14.9% 16.4% 17.3% 19.6% 19.6% 12%-14%

(出所:Yelp 10K)