モンスタービバレッジ・コーポレーション 事業内容・ビジネスモデル

フォロー
時価総額 500億5375万3000 ドル
銘柄コード MNST(NASDAQ)

モンスタービバレッジ・コーポレーションは米国カリフォルニア州コロナに本社をおく飲料メーカー。1930年代にヒューバート・ハンセンが三人の息子たちと共に映画製作所や小売店にジュースを売り始め、1935年にHansen'sを設立。1988年に破産し、カリフォルニア・コパッカー社より買収、ハンセンナチュラル社に改名。2002年より「モンスター・エナジー」を販売開始。2012年に現在の社名へと変更した。


事業内容とビジネスモデル

沿革・企業概要

Monster Beverage Corporationは、米国カリフォルニア州コロナに本社を置く、エナジードリンクを主力とする清涼飲料水メーカーである。1935年にHansen'sとして設立され、2012年に現在の社名へと変更した。

事業構成

Monster Beverage Corporationは持ち株会社であり、連結子会社を通じて、エナジードリンク飲料およびエナジードリンク飲料用濃縮液の開発、マーケティング、販売、流通の事業を行っている。

Monster Beverageは、完成品を直接製造するのではなく、製造プロセスをサードパーティのボトラーと契約パッカーに外部委託している。

Monster Energyドリンク

Monster Beverage事業では『Monster Energy』ドリンクと『Reign Total Body Fuel』高性能エナジードリンクを販売する。

戦略的ブランド

「戦略的ブランド」は、 2015年にCoca-Colaから取得した様々なエナジードリンクブランドで構成されている。主に原材料や飲料ベースを原料サプライヤーから購入し、特定の様々なサードパーティのボトラー・代理店に販売ことで、営業収益を得ている。

その他

「その他」のセグメントは、完全所有子会社であるAFF(American Fruits and Flavors)が独立したサードパーティの顧客に販売する製品で構成されている。長年のビジネスパートナーだったAFFは、2016年にMonster Beverageが買収を完了したフレーバーサプライヤーである。

AFFは、Monster Energyドリンクセグメントの主要フレーバーを開発および製造している。また、飲料製品の原料を原料サプライヤーから購入し、様々なサードパーティのボトラーや共同パッカーに配送している。

製品

『Monster Energy』ドリンクには、ビタミン、ミネラル、栄養素、ハーブ、その他のサプリメント成分が含まれており、サービス代理店ネットワークを通じて販売されている。

『Monster Energy』ラインの他に、『Caffé Monster』『Espresso Monster』『Java Monster』などのエナジーコーヒードリンクや、『Monster HydroSport Super Fuel』『Monster Rehab』などの電解質を含む炭酸なしのエナジードリンク、『Muscle Monster Energy Shakes』などのタンパク質を含む非炭酸エナジーシェイク、『Reign Total Body Fuel』などの砂糖ゼロで電解質とCoQ10を含むハイパフォーマンスエナジードリンクなどのラインを揃える。

AFFは、アップルキウイ、チェリー、レモン、マンゴー、シトラス、ストロベリーなどのフルーツフレーバー炭酸飲料ラインを、独立したサードパーティの顧客に販売している。

販売戦略

Monster Beverageは、最大20年間の初期期間中に製品の販売を提供する様々なボトラー・販売業者と契約を結んだ。

Monster Beverageは、Coca-Colaとの間で契約を結んでおり、Coca-Colaの承認を条件に、Monster Energyドリンクを販売するために、Coca-Colaのネットワークボトラーを指名したい国や地域を指定できる。2020年2月には、Coca-Colaと国際流通調整契約が5年間の追加契約期間で更新された。

さらに、Monster Beverageは、Monster Energy製品の一部について、米国および海外の様々なCoca-Colaネットワークボトラーとの間で販売契約を締結している。2019年12月31日時点で、米国内のすべての流通地域はCoca-Colaネットワークボトラーに移行している。

Monster Beverageの製品は、国内および海外の様々な場所にパッケージ化されており、輸送コストおよび輸送関連の製品の損傷を低減することを目的として、製品が販売される市場により近い場所で生産するようにシフトしている。

飲料業界での成功の鍵の1つは差別化であり、ブランドと製品を視覚的に魅力的にし、小売店の棚にある他の飲料と区別できるようにすることである。Monster Beverageは、製品とパッケージングを継続的に見直し、実際にそれらを異なるユニークなものにするよう努めている。